みんなの「これからのお金」の話

お金にまつわる体験談とお役立ち情報

「とにかく、何をするにも気力がない…。このまま一生、独身で過ごしそう」たかこさん(独身)のお金事情

たかこさん 女性 28歳(独身)フリーター

たかこさんの資産ポートフォリオ

FINANCIAL STATUS

年収:100万円
現在の資産額:0万円(なし) 
毎月の出費:7万円

  • :%

とにかく気力がない、28歳の女子です。
親の実家暮らしから抜け出せず、気づいたらこの年齢になっていました。

え?仕事ですか?

自宅でパソコンを使用して、クラウドソーシングでアンケートやライティングの仕事をしています。ただ、どの仕事も単価がとっても安くて…。

基本的に家から出ない生活をしているので、朝起きたらパソコンを付けて、ちょこちょこっと仕事して、ご飯食べて、そしてまた仕事して──。毎日が同じことの繰り返しで、刺激がありません。

たまにクラウドソーシングで割のいい(単価の高い)仕事を見つけた時にはテンションが上がりますが、それ以外は特に遊びにも行かないですし、生命力が日に日に枯渇していっているような気がします。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは、インターネットを通じて仕事の発注者(クライアント)が、不特定多数の人から受注者(ワーカー)を募り、仕事を依頼する仕組みのことをいいます。

クライアントとワーカーは、オンラインで仕事の受発注を仲介する「クラウドソーシングサイト」を利用して仕事を進めるのが一般的です。

ワーカーはPCまたはスマホがあればいつでも・どこでも仕事ができ、またクラウドソーシングの運営会社の方で契約や支払い手続きを代行してくれるので、面倒な手続きなく案件を進めることができます。

1これまでの私

これまで、お金には縁のない生活をしていました。

昔っから、本当にお金を使わないで過ごしてきたんですよね。これは姉の影響かもしれません。姉はとにかく節約好きでしたんで。
──と同時に、稼ぐこともほとんどしませんでした。そこは姉と大きく違う点です。

大きなお金を使用したと言えば「脱毛クリニック」で脱毛をしたことくらいでしょうか。
成人式を迎え、友人から「大人になったらそういう美容のケアはしっかりするものだから」と言われて、一緒に行きました。

トータルでかかった費用は、30万円ほど。今考えてもすごい金額だな…と。お金を払っただけの効果はたしかにありましたが、これが私の、未来も含めた「人生最大の買い物」になるんじゃないかと思ってしまうときがあります笑。

お金を稼ぐのはべつに嫌じゃないんです。高校の時、初めてアルバイトをしてお金をもらった時の高揚感は今でも忘れられません。

でも、今はその「稼ごう」という気力を持てないんですよね。なんだか、学校を卒業して一層「気力の無さ」が顕著になってきているような気がして。
ネットを見ていると、私と同じような人は結構いるような気がしています。

2現在の私

お金で意識していることは「節約」。一方で、浪費癖もあって。

今お金で気を付けていることは、…やっぱり「節約」ですね。

欲しい物があってもできるだけ買わないようにしています。

また欲しい物があった場合にはもっと価格が抑えめで別の商品はないかと探しますし、基本的にはこのスタンスで生活をしています。

貯金に関してはまったくできていません。たまに少しお金が余ってもすぐに使ってしまうんですよね。
というのは、どうやら私には浪費癖があるようなんです。それで、知らないうちにオンラインショッピングでいろいろ買ってしまって…。

「オンラインショッピングを止めればいい」というのは私も分かっているのですが、やらなくなったら私の生活はいよいよ刺激が無くなってしまいます。

そう考えるととっても苦しくなって、そしてその苦しさを和らげるためにオンラインショッピングのサイトを開いて…まさに悪循環ですね。

3これからの方針について

将来のことを考えると、とても不安です。

20代までに結婚できたらと思っていましたが、もう諦めました。
恐らく、一生独身で過ごすと思います。

今は親も元気ですが、将来のことを考えるととても不安です。

スキルアップをすることで収入を増やしていきたいと思っていますが、そのためにはどうにかして気力を回復させていきたいです。

たかこさんの、「今後の資産」シミュレーション

たかこさん「今後の資産」シミュレーションの条件

  • このまま生涯独身で生活した場合
  • 現在の仕事(クラウドソーシング)を続け、他の定職に就かないで65歳まで働いた場合
100歳まで生きたときの資産額:-1,473万円

※ 上記生涯資産シミュレーションは、たかこさんの現資産・年収・支出と現在国内における平均的な教育費、養育費、各種税、年金、金利等を加味して独自算出しております。金額・数値についてはあくまで目安としてご覧ください。
※ 支出には収入の各種税(所得税、住民税等)・および保険料(健康保険料、厚生年金保険料等)が含まれています。
※ 65歳以降の収入は、公的年金等に加えて株式や投資信託等による値上がり益や配当金による収入が含まれます。

1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)CFP®︎ |住宅ローンアドバイザー平澤 朋樹さんのアドバイス

金融商品や保険などの販売を目的としない中立の立場で、住宅購入と資産運用を中心にアドバイスをしています。
これまで住宅購入と資産運用専門ファイナンシャルプランナーとして累計1,000件超の相談をお受けしてきました。

相談者の希望するライフプランを実現させるため、最大限のメリットを出せるよう様々な提案をしています。
また、上場企業でライフプラン、確定拠出年金、資産運用、住宅購入などのセミナーを行うほか従業員向けの相談を毎月実施しています。

#1 「無い気力」を無理に求めようとする前に、自分に合う生き方・働き方を少しずつでも模索して

「気力が売っていれば…」ということでしたが、気力が売っているのなら、私も欲しいです笑。
とはいえ、たかこさんご自身も現状が良くないことは自覚されていることでしょうから、まずは「自分に合う生き方・働き方」を少しずつでも模索していくと良いと思います。

インターネットの扱いは慣れているようですし、まずはネットでの仕事探しから始めてみてはいかがでしょうか。

今やられているクラウドソーシングについても、もっと稼いでいる方はたくさんいらっしゃいます。
「自分にあってるな」という分野を見つけたら、併せてその分野に関するスキルを高めていき、ネットを通して顧客を増やすことを意識されると良いと思います。

#2 収入だけでなく、節約やいらないものを売りに出す等の工夫も

現在、オンラインショッピングの「楽しみ」を無理に自粛してしまうと、更に無気力になってしまわないか、ちょっと心配です。

それよりも、いらないもの・必要のないものが溢れているのでしたら、メルカリなどを使って出品するなどしてはどうでしょうか。そういったサービス・ツールを利用してよりお得に買い物をすることも、ひとつのスキル・処世術でしょうから。

さいごに まだ31歳。自己投資も意識して

「スキルアップを意識したい」というお話もありましたので、まずは好きなことを見つけて、その分野での情報収集と、そしてスキル磨きを意識してはどうでしょうか。

31歳ですし、仕事も人生もまだまだこれからです。少しずつ視野を広げていけば、きっと気力を持ち続けられるなにかを見つけられるはずです。

良かったら、評価のご協力をお願いします!

この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
読み込み中...